戸田真琴

戸田真琴

戸田真琴

10月 9日

編集中

聴こえなきゃ意味が無い歌、届かなきゃ意味がない優しさが 棄てられていった宇宙の一角 ごめんね足の裏に根っこの生えた僕ら、夜しか逢えない。目線の向こうで。 瞳の奥の奥の方が、ちゃんと銀河になっていて、目印のあおい星の下、待ち合わせをしていた時代。 君の誰にも気付かれない優しさと苦痛を読み取ることが、なによりも愛と信じてる。もうくたびれたけど、信じてる。(0

コメントをするには
ログインが必要です。

Fan Ranking

  • にゃお
    986 cheer
  • しいたけのこ
    838 cheer
  • 帽子のSpade(ぼうしのスペード)
    216 cheer
  • 水色
    100 cheer
  • チャコティ
    45 cheer
  • おじゃ🔘さん
    12 cheer

ログイン

Thank you!

ありがとうメッセージはアーティストページからいつでも確認できます