ミスiD2020 セミファイナリスト

灰村茉緒

灰村茉緒

1920年 11月 2日 B型

ニューウェーブ・ライブペイントとドイツ表現主義 暑すぎて溶けた肉片がこぼれしたたり落ちる。

全世界の暗鬱に沈むみなさん、こんにちは。灰村茉緒です。 お馴染み訳した詩を載せます。こちらは表現主義ではないが、ドイツ人の詩人による詩です。 パウル・ツェラン 死のフーガ Paul Celan - Todesfuga 朝方の黒いミルクぼくらは夕方に飲む ぼくらはそれを昼も朝もぼくらはそれを夜も飲む ぼくらは飲んでまた飲む ぼくらは宙に墓を掘るそこなら心地よく横になれる ある男が家に住む彼は蛇と遊ぶ彼は物書き 夜闇に包まれて彼は筆を取るドイツ共和国へ きみの黄金に輝く髪マルガレーテ 彼は書(0

コメントをするには
ログインが必要です。

ログイン

Thank you!

ありがとうメッセージはアーティストページからいつでも確認できます