ミスiD2020 セミファイナリスト

灰村茉緒

灰村茉緒

1920年 11月 2日 B型

ニューウェーブ・ライブペイントとドイツ表現主義 暑すぎて溶けた肉片がこぼれしたたり落ちる。

全世界の宵闇に打ち拉がれるみなさん、こんにちは。灰村茉緒です。 この写真は昨晩のライブペイントのときに撮ったチェキです。面白いかなと思ってこの貼り紙の前で撮りましたが、後から見ると結構すべっています。 † こちらはわたしが翻訳した詩です。今回は表現主義ではないです。かなり好きな詩です、とても不思議な感じのする詩です。 パウル・ツェラン Paul Celan たくさんの星座、 ぼくらに手を差し伸べる。ぼくは、 きみを見つめたとき…いつだったか?…、 外側の異世界に居た。 おお、その道(0

コメントをするには
ログインが必要です。

ログイン

Thank you!

ありがとうメッセージはアーティストページからいつでも確認できます